SEの設計プランとは

SEとして求められる技術は、設計力・要件定義力・コミュニケーション能力などは重視されます。ユーザー対応などの業務も多いため、ユーザーが何を求めているか、複雑化していることを分かりやすく簡素化して設計プランを立てることは大切なポイントになります。また、その設計書に基づいて要件を定義つけて作業を行い、またメンバーはもちろんですが、ユーザーとのコミュニケーションを取ることで、業務がスムーズにできるようになります。まず設計書作りはとても大切なので、それを作成するまでには色々なスキルを身につけることにしました。モデルの表記方法やアプリケーション、ネットワークなどの要素技術や業務の理解など、あらゆるSEとしての技術力や知識が必要になり、ユーザーが納得できるような業務提供を行わねばなりません。スピーディに対応することで安心してもらえますし、経費をなるべく抑えて対処するなど、SEとして責任ある態度は必要です。