SEは設計力は必要です

スキル習得した後は、ユーザー対応など行うことになり、また障害対応など行った時、解決策などを設計書にするスキルを求められるようになりました。ユーザー先が使用しているアプリケーション・ネットワーク・データーベースなど様々な知識が必要になります。ハードウェアも含めた上でプラットフォームが動くように設計するなど、様々な知識が必要になり、あらゆるケースを考慮して対処していかねばならないので、けっこう難しい仕事です。いかにしてソリューションをうまく行うか、重視されますしスピード力も必要になるため、高度なスキル力が必要です。設計書を提示した後に、作業の流れや工程もふくめ、チームで解決していくことは大切なので、じっくり相談しながら業務を進めるようにしています。幅広い知識とチームワークなどが重要視されるので、自分なりに対処できるようにスキルアップを目指して日々SEとしての知識を増やしていますし、楽しい仕事です。